特定の人にだけ勃たないのもED?

悩んでいる男性

EDは精神的なストレスによって起こる心因性と、身体に何かしらの異常が起こることで発症する器質性の2種類が存在し、さらに特定の治療薬の副作用によって起こる特殊な薬剤性のEDがあります。
高齢化するにあたり糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まるため、血行障害によって器質性のEDが起こりやすくなります。
しかし、精神的なストレスというのは何も仕事だけに限らず、家庭内の問題にも影響を受けやすく、家庭環境によっては妻に対して恐怖を感じたり、場合によっては興奮できずに勃起しない心因性が原因で起こることもあります。
恐妻家という言葉があるように、妻に対しての恐怖が強いと、仕事が終わっても家に帰りたくない、休日もひとりでどこかに出かけるという人が近くにいるはずです。
こうした人は過度なストレスを感じているため、ここでは妻を特定の人として勃起ができない状態になります。
ストレスは恐れという感情に起因しており、妻に恐怖を感じる以外にも、性行為が1度失敗すると、次も失敗するのではという不安も同じような精神の働きをします。
つまり、妻との性行為で上手くいかず、繰り返し失敗を行うと、もう性行為が不可能だと身体が勝手に考えて勃起できなくなるのです。
これが妻だけでなく全ての女性に当てはまると、一般的な心因性となりますが、精神がどの部分で働くのか分からないので、実際に確認するのは難しくなります。
逆に不倫相手が居たとして、その相手には問題なく勃起できるような状態が「状況型の心因性」となります。
また、特定のプレイ、シチュエーションでしか勃起できないというのもこれにあたり、不倫関係が興奮するので特定の相手だけしか勃起できないのも同じ状態です。
また、女性も稀に陥る濡れにくいという症状は不感症と言ってこちらも悩みの種となっている方も多くいます。
これも原因自体は心因性のものが多く、それを改善する医薬品や媚薬なども発売されています。
特に女性用媚薬は入手も簡単で医薬品を使わずともこちらで不感症を解決することも夢ではありません。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ