EDの主な原因は何がある?

悩む男性

年齢を重ねれば、ペニスの元気が減退していくのは自然現象です。
20代と50代で同じ勃起力は絶対にありえません。
年齢に比例してお肌は老化しますし、動脈硬化も進行します。
老化現象を食い止めることは誰にもできません。
そのため、老化による勃起力の減退に関しては、EDとはみなさないのが普通です。
一般的な原因で多いものは血行障害です。
EDは陰茎の病気ではなく、血液の疾患と考えたほうがよいでしょう。
ペニスを勃起させるための血液が不十分になり、硬度を保てなくなるのがEDなのです。
ペニスを指で強く圧迫すると、勃起力が減退するのがわかるでしょう。
脂質異常症、高血圧、糖尿病などは、いずれもEDの原因となります。
肥満やメタボの方にEDの割合が多いのは、血行障害も併発している可能性が高いからです。
肥満だと血液もドロドロになりやすいので、勃起時に陰茎海綿体に必要十分な血液を送り届けることができなくなり、それにより勃起力が減退してしまうのです。
血行障害以外では心因性の要因が大きく関係しています。
ストレス、うつ病、不安、怒りなどの負の感情はいずれもEDを促進させます。
人間のカラダは過度のストレスを感じると、本来の機能を発揮できなくなるのです。
例えば、疲れていると熟睡できそうに思えるでしょうが、実際は疲れすぎていると寝つきにくいのです。
ストレスも同じく、溜まりすぎると睡眠障害を招きます。
睡眠不足はストレスを招いて、EDを促進するので注意しましょう。
人間のカラダは睡眠リズムが崩れるだけで、本来の機能を発揮できなくなります。
EDを治すためには、睡眠の質を高めていくことが欠かせません。
1日8~9時間くらいは睡眠時間を確保したいものです。
また、早急にEDを治したいのであればED治療薬に頼るのも良いでしょう。
ED治療薬として有名なバイアグラなどの医薬品はネット販売で自宅に居ながら購入可能なので手軽に手に入れることができます。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ